top of page

図示化技術研修

業務改善を実施する際に、現状の悪さ加減を抽出すると、多くの企業で「コミュニケーションが悪い」という問題が上がってきます。ところがコミュニケーションをどのように良くするか?ということに対しては、大変抽象的な取り組みをしているにすぎないことが多いのが現実です。

そこで弊社では、図示化の技術を最優先させて、業務に必要な情報をいかに正確かつタイムリーに、必要な人に共有させる、という観点で図示化技術を用いたコミュニケーション向上プログラムを作成しています。

このプログラムは単独実施や、業務改善コースの一部、あるいはLean Six sigmaやOPEX Wayの中にも幅広く取り入れられています。というのは知識レベルで高いものを持っていたとしても、実際に人に自分が伝えたいことを理解してもらうための技術が無ければ、知識が無いのと同じ結果となってしまうからです。

​この技能を習得すると、日本人同士のコミュニケーションはもちろん、グローバル企業においては海外の方とのコミュニケーションを円滑にするためにも大変有効なツールとなります。

講習は1日コースですが、多人数でも実施可能なこと、また実施後すぐに効果が実感できるため、大変人気の高い講習となっています。

図示化技術.jpg
bottom of page