top of page

YouTubeチャンネル​ eVision2030

スライド12.JPG

Lean Six Sigma 本当の話

 

Lean Six SigmaはSPC→TQC→TQM→Six Sigmaという系譜を経て開発された業務改善手法です。そのため、それぞれの手法の弱点を解消した優れた改善手法となっています。ところが、日本においては様々な制約によって導入を見送っている企業も多いのが現実です。そこで今回のYouTubeシリーズでは、弊社がコンサルティングの現場で感じたLean Six Sigma導入に関しての「本音の話」を様々な項目に分けて全7回(毎週月曜更新予定)で紹介していきます。​

Lean Six Sigma 本当の話 5 「全体最適化の絶大な効果」

 

従来の小集団改善活動では、何を改善するか?ということに対しては「それぞれのリーダーが現場で問題と思うことを次々と改善する」というのが基本コンセプトでした。一方Lean Six Sigmaでは、全体最適化を考えて企業活動や対象プロセスに対してボトルネックとなる部分を優先的に改善する方法を取ります。

その方法がもたらす絶大な効果について今回は解説します。

Lean Six Sigma 本当の話 6 「どんな業界に向いているの?」

 

Lean Six Sigmaの利点の一つに、ほぼ全ての企業活動に適用できることがあります。もともと改善というと製造業を想定するかもしれませんが、実際にホワイトカラー系の仕事でも過去大きな成果を多数あげています。非常に汎用性の高いフレームワークです。

今回は、具体的にどのような業種にどういったアプローチをとって実施したかを解説します。

bottom of page